スローループ
Annictサポーターになると広告を非表示にできます。
  • 記録数 : 153
  • 感想数 : 21

エラー

    良くない
    普通
    良い
    とても良い
    文字

    視聴日時を入力した記録はタイムラインに表示されません。
    未入力のときは現在の日時が視聴日時になります。未来の日時は入力できません。

    Annictサポーターになると入力できるようになります。

    自分の記録

    記録はありません

    フォロイーの記録

    記録はありません

    みんなの感想

    とても良い

    小春のなんだこのかわいい生き物感が極まってるな
    そして、恋ひよが良すぎる、よろしい!よろしいぞっ!って声出てた

    とても良い

    家族の話をうまく取り込んでいる

    とても良い

    あっという間。神アニメ。

    とても良い

    1-2話でこのアニメのテイストが理解できた。めちゃくちゃ良い2話だったね。釣りを題材にしてはいるけど特殊な家庭環境を軸にしたふたりの関係性に加え、幼馴染の恋ちゃんとひよりちゃんの関係性も含まれて、その感情をキャラの表情や仕草に入れ込むのがうますぎる。一気にのめり込めり度をあげてくれる好きな回だった。

    良い

    [主人公]幼馴染、[恋ちゃん]登場!
    ([恋ちゃん父]の釣りバカさで大変そうだな〜。命名とか、家業手伝いとか)

    毛鉤?にも大きく4種類あるのか...ためになる。

    [主人公]の過去話、のほほん展開に対してやっぱ重いな。

    良い

    ただ釣りをするだけだと「オッサンの趣味をJKがやるアニメ」に類してしまうけど、適度に人間関係にドラマがあって作品の色が出ていて見応えがある。
    家庭環境とか結構根深そうな設定なのに、可愛い性格で乗り切ってるのがまた見ていてスッキリする。

    良い

    3人でずっとこうやって仲良く遊んでて欲しい・・・
    久しぶりに釣りやりたいなーって思わせてくれるアニメ

    良い

    お互いちょっと嫉妬してるのがかわいい。

    良い

    ひよりと家は共有できてもクラスは共有できなかった小春の前に現れたのは恋。彼女はひよりと時間を共有してきた人間となるわけだね
    恋はひよりを昔から知っているからひよりの性格も把握している。でも、そんな彼女でも踏み込めなかったのが家庭の事情となるわけか……

    一方、ひよりが小春を付き合わせた店や灯台は趣味や記憶が詰まった場所。どちらにも自分や父の時間が詰まっている事を考えると小春が知らない自分を教えようとしているかのよう
    家を共有する事になったひよりと小春だけど、小春はまだまだひよりについて知らない事ばかり。それをこうやって少しずつ知り合っていくのかと思うと、いつか感慨深い描写に思える日が来るのかもしれない

    後半は皆で早速管釣り。でも恋は釣りしないのね
    恋はひよりと時間を共有してきた。でも、そんな彼女も知らないのは小春と出会ってからのひより。人見知りの筈なのに、積極的に小春の世話を焼くひよりの姿を恋は知らない
    共有できてない部分を見てしまえば、過去の共有できなかった部分も思い出してしまう

    踏み込めなかった家の話。それを悔いていた恋の認識を変えたのはひよりと家を共有している小春の言葉
    資格の有無ではなく笑顔になれるかを重視する小春。そんな小春に影響されて恋は小春にちょっと踏み込んだツッコミ。小春と恋は早くも何かを共有できたかのよう
    また、ひよりにも少し踏み込んだ恋は更にひよりと仲良くなれそうだったね

    良い

    小春の登場でひよりと恋のあいだの関係もまた変わっていく。
    友達であるための資格なんてほんとうはいらない、のだが、いろいろ考えてしまっていた恋。

    良い

    スニーカーダサいとか小春の直球な言い草ほんとすき

    良い

    幼馴染み登場
    今の所百合7、釣り3って感じ

    良い

    コミュ障気味のひよりが小春を自分にとって特別な場所や釣りに誘うようになっていく変化が良い。
    その姿をちょっと寂しそうに見つめる恋も良い。百合の波動。
    ナチュラルに地雷を踏んでいく小春が面白い。
    釣具屋で見せてた鳥の死骸って本物?

    普通

    絵は本当にぷにぷにしてて可愛い。
    内容的にはどうしても放課後ていぼう日誌と比べられちゃうのが。。。
    このアニメは釣りアニメではなく、複雑な家庭環境アニメのおまけに釣りがある、って捉えた方がいいのかも。

    鯉が釣れたので、娘に鯉って名前つけようとしたダメおやじ

    日傘があまり役に立ってなくて、恋の顔にしばしば直射日光が当たっているように見える。

    表面上の言葉の掛け合いだけではなく、これまでの生い立ちから恋がひよりに対しどんなことを思っていたのかという深掘りする展開には見応えがあったなぁと。それもガンガン懐に潜り込む小春あってのものなんだよなぁと思うと、この作品の開始点がひよりと小春が出会うシーンというのがとてもしっくりくるなぁ。

    カタカナ地獄
    世捨て人って呼んでくれよな
    管釣り
    3人の微妙で絶妙な関係性

    ほんとあんていのきらら枠。
    安心して見てられる。

    小春の明るさが見終わったときに明るい気持ちになれる

    12
    Loading...