@tanauto
Annictサポーターになると広告を非表示にできます。
基本ツッコミ感想です。

サービス開始日: 2021-10-06 (104日目)

視聴状況

お気に入りのキャラ

暁美ほむら
魔法少女まどか☆マギカ
牧瀬紅莉栖
Steins;Gate

お気に入りの声優

宮本侑芽
8作品見た
早見沙織
49作品見た
花澤香菜
72作品見た
瀬戸麻沙美
22作品見た
悠木碧
44作品見た
大西沙織
15作品見た

お気に入りのスタッフ

吉田玲子
17作品見た
花田十輝
18作品見た
げそいくお
1作品見た
山田尚子
6作品見た
石浜真史
4作品見た
佐藤竜雄
6作品見た

お気に入りの団体

P.A.WORKS
15作品見た
ボンズ
13作品見た
動画工房
24作品見た
オレンジ
5作品見た
@tanautotanautoがステータスを変更しました
見てる
錆喰いビスコ

@tanautotanautoが記録しました
良い

特殊能力はあるけど、語りは物凄く穏やかというか、描いているのはごくごく普通の人たちというのがいい。国は違っても切り口はそんなに変わらないんだなという部分と、やはり少し違和感を覚える部分が同居しているのも面白い。個人的にやっと普通に楽しめる中国アニメに出会った気分。

あと初回は気付かなかったけど、音楽が天門さんなんだ。どうりで新海監督みを感じるわけだ。


時光代理人 -LINK CLICK-

@tanautotanautoがステータスを変更しました
見てる
ハコヅメ ~交番女子の逆襲~

@tanautotanautoがステータスを変更しました
見てる
時光代理人 -LINK CLICK-

@tanautotanautoがステータスを変更しました
見てる
ジョジョの奇妙な冒険 ストーンオーシャン

@tanautotanautoがステータスを変更しました
見た
先輩がうざい後輩の話

@tanautotanautoが記録しました
良い

勢いと言葉の熱さで王道をやり切った感があるなー。八十亀ちゃんの無言の友情出演?にクスリと来たり、春子、お前飛べたのかだったりと相変わらずツッコミながら楽しめた最終回ではあった。最後のカケルと逢花のシーンも自分的にはほろりとしてしまって、またひとり身代わりとなったイバラも二人の子か孫の代に再会できればいいなと思うばかり。

アクションシーンをカッコよく見せる熱意はとにかく伝わってきて、CGの使い方も他の同種の作品に引けを取らなかったと思う。その熱に引っ張られるように最後まで見てしまった。全編2Dのときはギャグ回、遊び回に徹する思い切りも良かった。その半面、3Dと2Dが混在すると落差が気になったのが課題かな。何にしても、東海地域の人たちでひとつの作品を作って盛り上げようという試みには同意。自分も名古屋に住んでいたことがあるという贔屓目も多少あるけれど、こういう試みは続けていって欲しい。


シキザクラ

@tanautotanautoがステータスを変更しました
見た
海賊王女

@tanautotanautoが記録しました
良い

時系列ごちゃごちゃにして結果を見せるパターン、好きねえ。仕切り直しで再出発という意味もあるのだろうけど、それいうならセルフプロジェクトの世界線をもっと見たかったな。あのルートでのすずれなの距離感、好きだった。


SELECTION PROJECT

@tanautotanautoがステータスを変更しました
見た
プラオレ!~PRIDE OF ORANGE~

@tanautotanautoが記録しました
良い

序盤からこんな物量ゴリ押し作戦で大丈夫? 今回は脳筋相手だからということで、今後はより暗殺者らしい戦い方が見られるのかな。何にしてもルーグでも肝を冷やす敵の登場にようやく始まったという感じ。

原作はどうか知らないけど、アニメは非常に丁寧に、真面目に作られていた印象。回復術士の作者と聞いて、見たら作風のギャップにビックリ。さらに初回の転生前の話はほぼアニオリと後で知ってまた驚いた。中の人があまり出しゃばらない転生モノなのに、ルーグの言動の端々に中の人がだぶって見えて仕方なかったのは初回のイメージが強すぎたせいかもしれない。中の人のストイックな性格も相まって、真面目に語られているのにギャグのように見える違和感は最後まで拭えず。それはそれでツッコミながら見れて面白かったけど。


世界最高の暗殺者、異世界貴族に転生する

@tanautotanautoが記録しました
とても良い

なじみが主役かと思うほど、最終回はなじみがはっちゃけてたねえ。いやでも、今作のりえしょんは頑張ってたと思うし、ホンマお疲れさまと。それに、なじみたち騒ぎまくる勢、古見さんや只野くんのように静かに見守る勢、どの視点からでもイベントを楽しんでいる雰囲気が感じられて良かった。特に打ち上げのカラオケでの空気感が見事。ポップなOP曲を流すタイミングといい、鳥肌すら立った。

息遣いや挙動で古見さんがときに饒舌に感じたり、無口な古見さんに呼応するような間の描写が素晴らしく、主人公がほぼ喋らなくても、物語がほぼなくても楽しめる表現の面白さをあらためて教えてくれた作品。



@tanautotanautoが記録しました
とても良い

ピリオド間の休憩のタイミングで和解させて、お互いベストを尽くそうという流れにするバランスの良さ。そして戻ってきた優を迎える愛佳のどんと構えた頼もしさよ。いろいろ思うところはあったけど、愛佳たち新人組の絆に焦点を絞ったストーリーはほんわか見れたし、愛佳の精神的エース感がとにかく小気味よかった。最後のビクトリーダンスに何の違和感も覚えないくらい、気分良く盛り上がったまま終わって、後味もよろし。来年のオリンピックでは女子アイスホッケーに注目してみようかと思えるくらいには、アイスホッケーにも興味を持てた。


プラオレ!~PRIDE OF ORANGE~

@tanautotanautoが記録しました
良い

前回の流れからすると、イバラを喰らったはフラグじゃない?w まあ、イバラがまた身代わりになるのはカケルが許すとも思えず。何の根拠もなく、勢いで突っ走るカケルもそれはそれでいいんだけど、今回、一番熱くヒーローしてたのは逢花様。敵の威圧にもたじろがず、覚悟の次元が違う姿に惚れた。Cパートはお姉ちゃんの悲鳴まで含めて、いい演技だった。


シキザクラ

@tanautotanautoがステータスを変更しました
見た
白い砂のアクアトープ

@tanautotanautoが記録しました
とても良い

最後まで仕込むねえ。ラストの提供テロップは完全に油断してた。まさかこれをやりたいがために今回だけKADOKAWAがいつもより多く出資したとかないよね。

序盤はエロさにも釣られつつ、みこが平静を装いながら内心めちゃびびってる様子や、ハナやユリアとのギャップを見てるだけでも楽しめたけど、善先生絡みのミスリードも含め、終わってみれば話の積み重ねを感じられたのが意外な収穫。みこ自身も意識が変わり、ユリアとの関係性も少し変化したなかで、見えることにどう向き合っていくのか、続きが確かに気になる。


見える子ちゃん

@tanautotanautoが記録しました
とても良い

どうあがいても敵わないと感じる天才に、なおかつ身近な存在にほめられたら、そりゃ素直に嬉しいよなあ。龍二ともそうだし、世田介とでも同様に、八虎は人の言葉や態度を自らの原動力に変える術がほんと凄い。なんだかんだで八虎の合格にひと役買う世田介だったりと、試験中の二人のやり取りが微笑ましくてほっこりした。

時々、表現が独特すぎて、ん?となる描写があったりしたものの、毎回のように深く染み入るセリフがあったりして、そういう青さも含めてド直球な青春ものであり、成長物語だった。迷える八虎を導いた佐伯先生と大葉先生を存在感たっぷりに最後に登場させるのも良き。森先輩とは最早すれ違う運命なのかだけどw でもこっちは森先輩の姿を久しぶりにちゃんと見れて満足。


ブルーピリオド

@tanautotanautoが記録しました
良い

ここで作中のファンに素の日常を見せて、見てるこちらと同じ目線にするのは良かったね。鈴音を人身御供にした展開はさておき、これまでの蓄積もあっただけにメンバーたちにつられて思わず涙腺が緩んだ。本人たちには内緒で、実はこっそり配信してたのではという疑いもすっきり晴れる、これ以上ない素材の正しい使われ方だった。というか、あれだけ撮りまくっておいて、全く使うつもりはなかったとは言わせないし、例年の使われ方が気になる。


SELECTION PROJECT

@tanautotanautoが記録しました
良い

全て言葉で説明してくれるのは最早、様式美みたいなものとはいえ、タルトが身を犠牲にして疾走している感動的なシーンでもそれをやっていて笑いそうになった。この作品は作りが真面目なほど、実は笑わせにきてるのかと思ってしまう。で結局、力を使い果たしたタルトはそのまま放置で、少しは後ろ髪引かれる思いなのかと思えば、心はすでにディアのもとだし。タルトが愛のない優しさなど要らぬと思ってるならそれでいいんだけど、違う意味で切なくなった。


世界最高の暗殺者、異世界貴族に転生する

@tanautotanautoが記録しました
とても良い

尾根峰さんの頼れるお姉さん感に和んでいたら、古見さん以上に挙動不審なおっとりさん相手では古見さんがお姉さんになるのにほっこりした。キャラの関係性、面白さの勢いが落ちないねえ。



@tanautotanautoが記録しました
良い

あまり馴染みのないマヤの動きが気になって調べてみたら、パックを手で掴むのは反則だが、払い落とすだけなら問題なし、なんだ。こういうアイスホッケーならではのシーンをもっともっと見たかった。

決勝での試合会場の熱気は地元開催だからそういうもの? それとも愛佳たちの奮戦がファンの心に火を付けた?とか、そもそもU-18クラスの女子チームに対する地元の見方ってどうなの等々の情報がどうしても気になってしまうけど、会場に誰が一番乗りしたかというようなことで和気あいあいしてる愛佳たちを見てると、まあ、いいかってなる。その辺、ほんと割り切って描いているよね。


プラオレ!~PRIDE OF ORANGE~

@tanautotanautoが記録しました
普通

一緒に楓ちゃんを食べましょう(意味深)。楓に対する春子の強い想いは、突き詰めれば楓さえ救えればいいとも言えてしまう。カケルとは逆の立ち場にして暗黒面へ誘う流れは面白かった。一度オニに打ち勝っても、弱みを見せればまたオニが姿を現すというイヤラシさがいい。いや、右近のことじゃなく。

実は吉平にとってもカケルがヒーローだったってのは、あれ、どっちが先?と一瞬なったけど、でもやっぱり心の支えとしての存在感は圧倒的に吉平なのは間違いないという今回でもあった。もう吉平がカケルを導いてるよね。


シキザクラ

@tanautotanautoが記録しました
とても良い

いや、すっかり騙されました。先生の話は急に作風に合わないことやり始めたなあと思ってたけど、やりたいことは一貫していたと。人間も異形たちも見た目じゃ良い悪いは区別できないと何度も念押ししてくれてたのにね。結局、先入観で判断してしまっていたという…。まあ、それはそれでみこと同じ気持ちを共有できて良かったし、先生は初登場時からのミスリードが上手かった。

てか、「見るな」の声は中原さんだったってことか。


見える子ちゃん

@tanautotanautoが記録しました
とても良い

八虎の気づき、発動。試験の最中とか描きながら開眼してゆくのが八虎の凄いところでもあり、強みなんだけど、逆に言うとその辺に長けた浪人生がどういう心境で受験に臨んでいるのかも気になる。パターンにはめすぎても泥沼にハマるのだろうか。

1日目が終わった後に予備校の先生のアドバイスがあるとか、絵の具の乾き具合も考慮する必要があるとか、受験に合わせた描き方は確かにある。大学ごとの好み抜きにしても、受験作画だか受験絵画という揶揄した言い方があるのは事実なんだなと思い出された。


ブルーピリオド

@tanautotanautoが記録しました
良い

オーディションをやり直すのはお互いにベターな選択とはいえ、見るほうからしたら出来レース感が拭えんだろうなあ。自分だったらそれ含めたリアリティショーだったかと思う。

路上ライブで衣装を揃えなかったのは枠にはまらない、ひとりひとりが合わさってのユニットという表現で面白かったけど、色も揃ってるようで揃ってないほうがよりお金のないインディーズ感があって良かったかも。それともそこは出し惜しみせず、こだわったことにしたかったのかな。


SELECTION PROJECT

@tanautotanautoが記録しました
普通

いや、あんた、タルトの裸、見まくりだったやん。なんで今さら動揺するんよ。あの頃は異性として見てなかったとでも言うのか、中の人。ディアとタルトをどう見てるかの違いなら嫌だなあ。

デート中、きゃっきゃしてるディアに年相応でかわいいなあと思っていたらの最後の種明かしにしてやられた。マーハもディアも妖艶さを着実に身に着けているんよな。対してルーグは中の人をだぶらせると行動に違和感が残るというか、中の人的には退行してる気さえする。



@tanautotanautoが記録しました
とても良い

尾根峰さん、初めてのまともな人枠? 憧れの存在すぎて近寄りがたいと感じるクラスメイトはいても、古見さんを高圧的と冷静に評価する人はいなかった。そんな自分をよく理解してくれる可能性の高い人に古見さんが誤解で嫉妬する展開も上手いし、見てるほうも只野くん以来のまっとうキャラに地味さを感じるどころか、ホッとする感覚にさせられるのも上手い。キャラの個性で言えば、山井さん、なじみ、井中さんが好きだけど、純粋にキャラとして好きなのは尾根峰さんになったかな。



@tanautotanautoが記録しました
とても良い

真美さん、おひさ。前回のなおみんとりこりんの話でもそうなんだけど、バディやみんなと一緒にいられるなら、ぶっちゃけアイスホッケーじゃなくてもいいんじゃないと感じるほどの絆パワー炸裂な愛佳たちでもあるから、真美を再登場させてアイスホッケーを続けてゆく理由を認識し直したのは良かったかもしれない。いや、まだ弱い気もするけど。まあ幼馴染とか関係なく、何事も前向きに捉える愛佳の存在は安心感すらあるだけに、真美が寂しさを感じずにいられなかった気持ちもよく分かる。


プラオレ!~PRIDE OF ORANGE~

@tanautotanautoが記録しました
良い

お姉ちゃんとしては逢花が雲隠れしてるほうが好都合なんじゃないかと思ったけど、あくまで自分が守りたいのかなw

最終局面が迫る中、涼先輩がカケルや楓を気遣う素振りを見せたり、楓がさり気なくヒーロー活動を認めたりと、仲間意識や態度の変化している描写がいいねえ。イバラを失った状態でも、逢花も含めてみんなを救うと言い切るカケルがどう答えを出すのかはもちろん、主力になれない立場から春子がどう活躍してくれるのかも、私、気になります。


シキザクラ

@tanautotanautoが記録しました
良い

結局「見るな」は先生のことが好きだった女性の異形?なのかね。元カノだとしたら浮かばれない。ネコ好きスキンヘッドさんとの落差よ、ほんとに。猫虐待を思わせる描写はこれまでの作風を壊しかねない異様さすらはらんでいるけど、血痕だけ見せて直接の描写はしなかったり、クラスのギャル二人組で和ませたりとうまく中和していて、見てるこっちも助かってる。


見える子ちゃん

Loading...